カテゴリー別アーカイブ: 江戸時代の生活

駿河竹千筋細工

江戸時代の虫かごはこんな感じだったのだろうか、と思う虫かごを見つけました。高貴な人だけが使うような虫かごです。 竹細工というと、圓生さんの「小判一両(こばんいちりょう)」が思い浮かびます。 高級品の竹細工ではなく、ざるな […]

江東区民まつり中央まつり の 民俗芸能大会

三遊亭圓生氏の落語のまくらだったのだと思うのですが、材木の運搬などのために川に浮いている角材に載りながら仕事をしている職人さんを橋から眺めている人たちがいて、その見物に員たちを職人さんが川からちょっとバカにした文句で歌い […]

月々に月見る月は多けれど月見る月はこの月の月

日本には、季節を感じるとても素敵な風習がたくさん残っていますね。 お月見というと「中秋の名月」といわれる9月中旬の名月。 私は、すすきやお団子をかざって、その1日だけのお月見の風習だと思っていました。 でも、日本のお月見 […]

蚊遣り(かやり)

江戸時代の頃にも「蚊」が夏のいやぁなものの一つだったんですね。 深川江戸資料館にも、小皿の上に穴の開いた湯呑を逆さにしておいたような蚊遣りが展示されていました。 江戸時代、夏には戸を開け放ち風を入れ、風とともに部屋に入る […]

花の雲 鐘は上野か 浅草か  (芭蕉) 上野

上野公園って、正式には上野恩賜公園(うえのおんじこうえん)っていうんですね。 明治6年の太政官布達によって、芝、浅草、深川、飛鳥山と共に、日本で初めて公園に指定されたのだそうです。 広々とした上野公園の中央あたり、上野大 […]

江戸町奉行所

時代劇でよく見ていた、あのお白洲(おしらす)で遠山の金さんがもろ肌脱いだり、大岡越前の場面。 なんとなくぼーっとみていましたが、遠山の金さんのモデルになった遠山 景元(とおやま かげもと)氏や大岡越前の大岡 忠相(おおお […]