カテゴリー別アーカイブ: 千葉県柏市、松戸市の江戸時代

今でも野馬が駆け巡る!? 松戸市高柳の野馬除(のまよけ)緑地

この楽しげな馬のレリーフは、身長167センチの私が見上げるくらいの高さがあります。 そして、そんなレリーフが、遊歩道に沿ってず~っと続いています。 場所は千葉県松戸市高柳のクリーンセンターに隣接した野馬除緑地です。 木々 […]

南増尾の力石 「どうだぁ、俺が一番だぁ」

柏市南増尾にある八幡神社に力石が祀られています。 江戸時代から昭和の初期まで、力自慢の若い衆たちが競って持ち上げていたという5つの石です。 今では半分土に埋められて、どのくらいの重さなのか持ち上げてみることもできません。 […]

柏市近隣は江戸時代、馬が駆け回っていたところ?

新京成電鉄の五香駅のほど近く、「野馬除土手」という杭がたっています。 「小金牧の放牧馬の逃亡を防いだり、農民が畑を荒らされるのを防ぐため築いたものです。史料によると総延長150キロメートルあったとあります」と説明が書いて […]

三尸虫(さんしちゅう)に告げ口させるな! 柏市南増尾の百基申(庚申塚)

庚申(こうしん)の夜、人の体内にいる三尸虫(さんしちゅう)という虫が、寝ている人の身体を抜け出して天に昇り、その人の悪事を天の神様に告げ口するという。 悪事をばらされては大変と、その夜は寝ずに猿田彦(さるたひこ)や青面金 […]