お月見です♪

運をよくしたいときには、お部屋にお花を飾るといいそうです。

って、どこかの本で読んだことがあるようなないような・・・。

2015年の十五夜は9月27日(日)、十三夜は10月25日(日)だそうです。

十五夜は芋名月、十三夜は栗名月ともいうのだとか。

季節を感じ、その時の収穫に感謝したいですね。

今年の十五夜や十三夜は、お団子に限らず、芋や栗を飾って月を愛でたい!!

日比谷花壇ではお花に兎のお人形や和菓子をセットにしたお月見セットも出していますよ。


Amazonで購入できます →→→

楽天市場で購入できます →→→

白地に色鮮やかな文庫革のお財布

1800年代初頭、当時の姫路城主酒井忠道の家老河合寸翁が藩財政立て直し策の一環としてこの革細工を保護したという記録が残っているのだそうです。
もともと姫路は、皮革業の盛んな土地であったためそれを生かす工芸が発達し、それが文庫革の始まりになったとか。

今でも、ひとつひとつ手作業で加工されていて、播州姫路で生産される姫路革とも呼ばれる真っ白な革を使用し、一筆ずつ彩色を施していくのだそうです。

日本伝統のきれいで鮮やかなお財布です。

Amazonで購入できます →→→

楽天市場で購入できます →→→

 

 

お手紙に香りを添えて

お手紙の封筒に入れるお香を「文香(ふみこう)」というのだそうです。

お手紙から香りも届いたらうれしい便りが、もっと嬉しいものになりますね。

名刺入れの中に入れておくと、名刺に香りがうつり、うつり香として商談にも役立ちそうです。

 

 

こちらはロウで出来た文香です。

 

白檀をベースとした天然香木を調香した香りだそうです。

上記写真をクリックすると商品購入ページに飛びます。
楽天ショップの文香商品はこちら →→→
Amazonでの文香商品はこちら →→→

竹細工の虫かごはいかが?

京都に鈴虫寺と呼ばれるお寺があって、いつも鈴虫の美しい音色で迎えてくれます。
確か、有名な苔寺の近くです。
ここは竹林も見事で、たくさんの種類の竹もあり、竹を見て歩くだけでも楽しいお寺です。

このお寺のお地蔵さまは、草鞋(わらじ)を履いてお参りした人たちのおうちまで訪ねてきてくれるとか。
鈴虫寺はこちら →→→

 

ところで、夏休みの虫採集も、虫かごが変わるだけでちょっと風情が変わります。
大人の普段使いですね。

 

この鈴虫たちも竹細工ですよ。

化粧品にも筆にもこだわりたい 熊野の化粧筆

広島県安芸郡熊野町で生産されている熊野筆(くまのふで)。
熊野筆は、絵画や書道で使われる筆だけはでなく、化粧用の筆として、肌触りが良く海外でも人気のブランドとなっています。

熊野筆を使ったブラッシングスキンケアで、毎日のスキンケアをサロンに通わず、リラックスして自宅で行うことができます。

和服を着たら、財布だって粋にしたい!

小銭を入れて、くるくるっと巻いて。
江戸時代の庶民は、こんな財布をもっていたのかしら。
沖縄の紅型プリント着物生地を使用して、本物の古銭寛永通宝を付けた道中財布です。

浴衣を着て雪駄をはいたら、やっぱここまで粋にしたいよね!

 

 

 

 

女の子はこんな財布を帯の中に入れて!

 

お月見のタペストリー、のれん

リアル満月を見られなくても、せっかくの日本行事、楽しみましょ!

 

床の間に飾っても、リビングの壁に飾ってもどちらにもあう、落ち着いて重厚感のあるタペストリー

ゴブラン織 タペストリー 月見うさぎ

 

大好きなトトロが満月に飛びつきそうな楽しいのれん

となりのトトロ【のれん(みんなでお月見)】85×150cm/ジブリ/インテリア

 

 

蓄光染で、暗くなると別の柄が浮かび上がるタペストリーに最適な風呂敷

ちりめん友禅 タペストリーふろしき (蓄光染) 月見うさぎ

水うちわで夏を涼しく、日本的に!

水につけたうちわで扇いで、涼を楽しむうちわを「水うちわ」といいます。
岐阜の豊かな川文化から生まれた独特の透明感と長良川の水につけて扇いだという説話から「水うちわ」と呼ばれるようになったのだそうです。

飾っても美しいうちわや、普段使いに使ってみたい水うちわがいろいろと出ています。

 

 

 
 


 

 

 

 

夏の「涼」をよぶ タペストリー

お部屋の飾りを変える。
それだけで、暑い夏も乗り越えられそうです。

ちりめん細工をあしらった立体感のあるタペストリーです。


ちりめん細工の花火のタペストリー

 


ちりめん細工の朝顔にトンボがかわいいタペストリー

 


麻仕立ての金魚のタペストリー
金魚のプクプクがかわいい!

 


金魚すくいの吊るし飾り
あまりに美しい金魚は、錦鯉のようですよ

 

これらの商品は和雑貨&インテリア 京都 夢み屋で購入できます。
また、画像をクリックするとその商品ページに飛びます。

仕事につかえるちょっと「粋」

仕事でよく使うUSBメモリや名刺入れ。

ちょっと粋なものにしてみませんか?
海外のお客様との商談時、外資系企業にお勤めの方が、本社に行ったときに使うと、コミュニケーションをスムーズにしてくれること請け合いです。

その後、同じようなものをお土産に渡すと、ますます円滑な仕事環境になりますよ。

 

また、これらを打っている久宝堂の公式ページはこちら →→→
画像をクリックすると商品ページに移動します。